【01】委員と研究の概要

【テーマ】

国土交通省平成29年度政策課題解決型技術開発
「中小零細建設業を対象にする映像を活用したvalueCIMの開発」産学官テーマ推進委員会

【委員】

<研究代表者>

須田清隆(環境風土テクノ)
 
<共同研究者>
建山和由(立命館大学)
蒔苗耕司(宮城大学)
本田陽一(環境風土テクノ)
小浦場博(環境風土テクノ)
可児憲生(可児建設)
渋谷義博(トライポッドワークス)

【研究目標の概要】

中小零細建設業の情報化支援を目的に、映像処理技術とネットワークカメラやクラウドを組合せたデータベースをプラットフォームとする‘映像を活用したCIM’を開発する研究である。
具体的には、タイムラプス映像による見える化に、映像による重機や技術者の作業行動などの数量化や感性工学を活用した映像の意味化を組み入れた使い易いvalueなCIMを構築し、
中小企業の情報化施工の推進や、インフラメンテナンスへの活用を期待するものである。

【平成28年度までの研究成果の概要】

① 映像を活用したCIMの主な現場検証

② タイムラプス映像を活用した統合型データモデルの開発
  映像を活用したCIMデータモデルの開発
  映像解析システムの開発

③ 映像分析による施工数量や施工履歴の数値化手法の開発
  映像による3次元化技術の開発
  映像による施工数量の数値化技術の開発
  映像による現場状況の数値化開発

④ 中小零細建設業が経済的負担や人的な負担がなく使用できるvalueCIMの開発試行工事
  クラウド化開発実証
  低コスト化検討

 


2018年05月24日