淡路OKY会議一覧

【01】『淡路OKY会議』 コンセプトと概要

 

「おもてなしの心」で淡路島の農業と漁漁を活性化

事業要旨

『高齢化による衰退が予想される淡路島の農業、漁業を元気にする』を引き継ぐ。そのために『課題提起』から、皆で『学び』、『考え』、『行動する』ことを実践する。

女性部のおもてなしの心で、淡路島を応援してくれる農業・ロボット・情報の研究者や専門家との交流の場つくりとして淡路島OKY会議を行う。

コンセプト

「俺、行って、やってやる!」【O.I.Y】な人と地域を繋げ、結ぶ『淡路OKY会議』


多くの【OIY】な人のいろいろな知見や経験を学んで、高齢化、後継者不足の農業・漁業の課題解決の方策を考える。

淡路島の農業や漁業の高齢化対策をワークショップ(淡路島農商工マッチング)で考える。
※本事業は、平成27年度提案公募型地区事業(補助金90万円) を核にして、平成27年度組織活性化事業(補助金10万円) 平成27年度女性部講習会(補助金無し)を関係づけして事業の組み立てを行っている。

事業の進め方

【現状分析】
高齢化が進むに従い農業者,漁業者の労働負担は、農地放棄など事業継続の面から課題となっています。また、淡路島には、電気電子メーカーが育てたモノづくり力が内在している。淡路島OKY会議では、淡路島にある内在しているモノづくり力を発掘します。

【事業展開】
淡路島OKY会議を通じて、淡路島での遊休、放棄の農地,漁場の再生を目的に、ロボットやIT技術が高齢者を支援し、淡路島を‘産業支援ロボットのアトリエ’として世界に発信する。

【市場戦略】
淡路島OKY会議に協力したOIYな人達と連携して、島内のターゲットを高齢化した淡路島の農業、漁業の活性化を、島外のターゲットを淡路島発信の農業、漁業技術の海外展開などを実現していく。


<-- 前 HOME 一覧 次 -->

2016年11月01日

【02】『淡路OKY会議』 実施事業と活動記録

 

事業の進め方

【現状分析】
高齢化が進むに従い農業者,漁業者の労働負担は、農地放棄など事業継続の面から課題となっています。また、淡路島には、電気電子メーカーが育てたモノづくり力が内在している。淡路島OKY会議では、淡路島にある内在しているモノづくり力を発掘します。

【事業展開】
淡路島OKY会議を通じて、淡路島での遊休、放棄の農地,漁場の再生を目的に、ロボットやIT技術が高齢者を支援し、淡路島を‘産業支援ロボットのアトリエ’として世界に発信する。

【市場戦略】
淡路島OKY会議に協力したOIYな人達と連携して、島内のターゲットを高齢化した淡路島の農業、漁業の活性化を、島外のターゲットを淡路島発信の農業、漁業技術の海外展開などを実現していく。

実施事業

参加者総数 213名

※本事業は、平成27年度提案公募型地区事業(補助金90万円) (実線枠)を核にして、平成27年度組織活性化事業(補助金10万円) 平成27年度女性部講習会(補助金無し)(点線枠)を関係づけして事業の組み立てを行っている。


<-- 前 HOME 一覧 次 -->

2016年11月01日

【03】『淡路OKY会議』 参加メンバー

 

淡路島OKY会議に参加したOIYな人達

須田 清隆
(トータルコーディネータ)
㈱環境風土テクノ取締役主席研究員
(元風土工学デザイン研究所専門調査役)
川村 恒夫 神戸大学大学院農学研究科 教授
本名 孝至 伊弉諾神宮 宮司
桑子 敏雄 東京工業大学大学院 社会理工学研究科 教授
(農林水産省関東農政局参加型維持管理のあり方検討委員会委員長)
建山 和由 立命館大学 理工学部 教授
国土交通省・情報化施工推進会議 委員長
(兵庫県淡路県民局 淡路島懇談会座長
金沢 和樹 吉備国際大学 地域創生農学部 教授
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 研究課題評価分科会委員
柴田 浩典 情報戦略専門家
(元独コメルツ銀行情報本部長)
八木 栄一 和歌山大学 産学連携・研究支援センター 教授
パワーアシストインターナショナル株式会社 代表取締役
沼田 浩一 兵庫県淡路県民局 南淡路農業改良普及センター 課長補佐
高田 知紀 神戸高専 都市工学科 講師


<-- 前 HOME 一覧 次 -->

2016年11月01日

【04】『淡路OKY会議』 会議のようす

 


6月24日
商工会女性部による第1回『OKY・OIYの島づくり』勉強会


7月9日
情報戦略勉強会


7月17日
農業ICT勉強会


7月27日
機能性食材勉強会


11月7日
シンポジウム『淡路島でロボット化は必要か』公開討論会


Workshop
『ロボットが淡路島の農業・漁業を変えることが出来るか?』


Workshop
参加者からの積極的な提言


<-- 前 HOME 一覧 次 -->

2016年11月01日

【05】『淡路OKY会議』 事業効果

 

実施による当初の目標

【定性的に判断ができるもの】 地域に対する波及効果
企業創出 農業や漁業に対する地元企業の技術力を融合し、島内に国際競争力のある農業・漁業支援型産業の芽を育む
交流の場づくり 淡路島の農業場や漁業場に、世界中からチャレンジ精神のある人たちが集まってくる場づくりを行う
技術連携 ロボット技術などを学び、労務低減など高齢化農業、漁業の延命化を図る

【定量的に判断ができるもの】 販売実績、流通経路など
D 交流回数 広報効果としてのワークショップ、OKY会議4回開催回数及び交流人口


実施した効果(当初目標との比較)

定性的効果
企業創出 『OKY会議』は、淡路島の農商工のマッティングの役割を担った
交流の場づくり 淡路島で農業や芸術などで活動している島外からの若い人達を発掘できた
技術連携 C) 淡路島の農家と地元企業を結びつき淡路島での農業ロボット開発の切っ掛けが創れた(地元企業が参加表明)

<D>定量的効果(交流回数)
淡路島OKY会議
(講演会)
4回 淡路島OKY会議講演会4回(他事業での勉強会を含めると8回)
第4回会議は拡大してシンポジウムとして講演会(パネル討論会)とワークショップを開催
・協力してくれたOIYな人達 10人
・参加した地域の人たち 158人(勉強会を含めると213人)
淡路島農商工
マッチング
ワークショップ
2回 第2回、第4回会議でワークショップを開催
eコマース講習会 2回 第一回勉強会(平成26年度組織活性化事業協賛)、第三回会議で開催

<-- 前 HOME 一覧 次 -->

2016年11月01日